スーツを脱ぎ捨て、ありのままに生きる輝きを。

NEW POST

TAG LIST

    クラウドソーシング

    認定ランサーの基準や必要な報酬額、メリットを解説【未経験から3ヶ月で昇格】

    クラウドソーシングを始めるにあたって、日本で有名なサービスのひとつに挙げられるのが「ランサーズ」です。

    ランサーズは簡単に作業できるお仕事から高単価で本格的な案件まで揃っており、自分のレベルが上がると非常に稼ぎやすいクラウドソーシングです。

    そんなランサーズで一番評価の高いランクは「認定ランサー」と呼ばれています。

    認定ランサーになると自分のランサーとしての信用を上げるだけでなく、様々なメリットが受けられるためライター初心者の方はぜひ目指してみてください。

    この記事では、僕のクライアント様であり、ライター企画のサポートメンバーであるよこもりさんの実体験をもとにして、「認定ランサー」について詳細にご紹介していきます。

    本記事の信頼性
    よこもり

    今回はよろしくお願いいたします!

    認定ランサーってどうすればなれるんでしょうか?
    なんだか難しそうな気がしますが…。

    安心してください!
    しっかりと仕組みを理解すれば、誰でも達成できます。
    私も未経験から3ヵ月で認定ランサーになりましたよ!

    それではここからはよこもりさんにバトンタッチして、認定ランサーについて詳しく解説していただきましょう!

    認定ランサーとは

    そもそも認定ランサーとはどういったシステムなのでしょうか。

    ランサーズ公式での説明は以下の通りとなっています。

    「認定ランサー」とは、ランサーズに登録しているプロの中から、ランサーズが定める基準をすべて満たしたランサーを指します。すべてのスキルのランサーが対象です。

    引用:ランサーズ公式

    つまり、ランサーズが提示している条件をすべて満たせば、個人・法人関係なく認定ランサーとして認められます。

    ただし、一定の基準にはいくつか項目があり、ただがむしゃらに案件をクリアしているだけでは達成できないものもあります。

    ランサーズが定める一定の基準一覧

    では、ランサーズが定める一定の基準を一覧にしてご紹介いたします。

    • 獲得報酬額
    • クライアントからの評価
    • 仕事完了率(プロジェクト完了率・タスク承認率)
    • 24時間以内のメッセージ返信率
    • ランサーズへのログイン
    • 各種認証やプロフィールの登録

    この6項目を全て達成したときに初めて認定ランサーとして認められます。一つでも達成できないと最高でもシルバーランク止まりとなってしまいます。

    認定ランサーになると、以下のようなメールが登録されたアドレスに届きます。

    認定ランサーの通知メール

    是非このメールが届くように頑張りましょう!

    認定ランサーの基準項目の難易度やポイント

    シルバーランクと認定ランサーでは待遇やメリットが全く違いますのでしっかりと確実に達成しておきたいですよね。

    そこで、先ほどご紹介した基準項目の詳細や難易度、達成するためのポイントをまとめました。

    未経験の兼業主婦だった私でも達成できたので
    誰でもポイントを押さえれば叶う目標ですよ★

    ※今回ご紹介している基準は2021年7月現在のものです。予告なく変更になる場合があります。

    獲得報酬額

    実はこれが一番難しい条件なのではないかとされている獲得報酬額。

    ランサーズでは、「過去1年間の報酬額がカテゴリの中で上位20%以内であること」と定められています。

    ポイントは、全体の上位20%ではなく、各カテゴリの上位20%である部分です。受注する案件のカテゴリを絞ってお仕事をすれば、上位20%を達成する条件は決して難しくありません。

    確実に認定ランサーをキープしたいのであれば、カテゴリにもよりますが、下記のポイントを守れば達成が出来ると考えられます。

    獲得報酬額のポイント(ライティングやシナリオライターの場合)
    • 各カテゴリの上位20%になるには月4万円以上の売り上げを担保しておく必要がある
      (カテゴリを1つまたは2つに絞って案件を受けると良い)
    • 月4万円の売り上げ=1日あたり1,300円前後の売り上げ担保で達成できる
    • 少しでも実績を上げられたら、報酬額の高い案件に挑戦してみる

    ※ただし、ランサーズはボーダーラインとなる基準報酬額は公表していませんので、あくまでも経験ベースでのポイントとなります。これより下回っていても達成する場合もありますし、上回らないと達成できない場合もあります。

    月4万円の売り上げなら頑張れば達成できやすい数字ですね!

    上位20%と聞くと非常にハードルが高く感じますが、全くそうではありません。私が認定ランサーを獲得したときの月の獲得金額は、74,835円でした。

    ちなみに、月の売上が3万円だった時もありましたが、他の月で稼いだり巻き返したりと奮闘した結果、認定ランサーが外れる事はありませんでした。

    クライアントからの評価

    クライアントからの評価とは、仕事を完了したときの星の平均数を表します。認定ランサーになるためには、「星4.8以上」を担保しておかなくてはなりません。

    ランサーズでは仕事が終わった後、☆5を最大として、評価をされるシステムが取られています。

    クライアントから評価される項目は以下の5点です。

    1. 品質
    2. 納期
    3. 対応
    4. コスト
    5. 能力

    それぞれの項目ごとの評価と全体評価があるのですが、納期を大幅に遅らせてしまう、レベルの低い商品を納品するなどしなければ、基本的には☆5を付けてくれるクライアントが多いのが現状です。

    実はランサーズでは、クライアント(お客様、発注元)が先にランサーを評価してから、ランサーがクライアントを評価する順番になっています。

    つまり、クライアントは自分も高い評価を返してほしいがために、低評価を付けにくい心理が働くので、しっかりと仕事をこなしていれば☆5を貰いやすいのです。

    ただし、受注をしたのにも関わらず、こちらの都合で仕事をキャンセルしてしまうと評価が下がる可能性が高いので、確実に提出できるお仕事を受けるようにしましょう。

    仕事完了率

    仕事完了率は、過去1年間で受注した仕事のうち、無事に納品まで完了した仕事の割合を指します。認定ランサーになるには、「仕事完了率が90%以上」である必要があります。

    ※プロジェクト方式とタスク方式が対象で、コンペ方式の依頼は対象外です。

    プロジェクトの仕事完了率 = 納品まで完了した仕事の数 ÷ 受注した仕事の数
    タスクの仕事完了率 = 完了登録したタスクが承認された数 ÷ 引き受けた作業の数
    ※タスク方式の完了率は、1件以上タスク仕事をした方のみ認定条件に加わります。

    最初のうちは仕事数が少ないため、1つでも仕事をこなせないとガクンと完了率が下がってしまう危険性がありますが、次第にきちんと仕事を完了出来れば難しくない条件です。

    24時間以内のメッセージ返信率

    返信率とは、「過去1年間に【相手に返信したメッセージ】のうち、【24時間以内に返信したメッセージ】の割合」を表しており、認定ランサーになるには返信率が80%以上である必要があります。

    返信率=24時間以内に返信した数 ÷ 返信した数

    ただし、返信率にカウントされない場合が3点あります。

    返信率対象外の3つの条件
    • メッセージの返信が5件未満の方
    • 既読スルーしたメッセージ
    • 返信依頼ラベルがついていないメッセージ

    3つ目の返信依頼ラベルについてですが、ランサーズのメッセージ機能には、下記のように右横に返信不要のチェックがあります。

    ランサーズのメッセージ機能

    返信不要のチェックが入っているメッセ―ジを頂いた場合、メッセージに「返信依頼」の文字がありません。

    もしもクライアントがずっと返信不要のチェックを入れてくれていない場合、何かしら返事をしないと返信率が下がってしまいますので注意が必要です。

    短文でのやりとりが堂々巡りとなって手間となりますので、自分からお礼を言って返信不要のチェックを入れ、会話を終わらせるのがコツですよ!

    ランサーズへのログイン

    ランサーズでは、継続してきちんと活動している方を評価する傾向にあります。認定ランサーの条件は、最終ログインが1ヶ月以内である、とされています。

    通常コンスタントに仕事をしている方であれば勝手にクリアできる項目ですので、あまり気にしなくて良いでしょう。

    各種認証やプロフィールの登録

    ランサーズではしっかりとした身元の提出と安心感を大切にしています。

    そこで、各ランサーのプロフィール欄の9項目をしっかりとクリアした方が認定ランサーになる条件となっています。

    • プロフィール写真
    • 表示名
    • 300文字以上の自己紹介
    • 本人確認
    • 機密保持確認
    • 電話確認
    • ランサーズチェック
    • スキル
    • 資格(旧経歴・資格)

    非常に多く見えますが、それぞれ上から順番にやっていくだけの簡単な作業です。また、本人確認・機密保持確認・電話確認・ランサーズチェックはクライアントからも出来ているか確認できる項目です。

    実際によこもり本人のプロフィール欄を見てみましょう。

    横森さんのランサーズプロフィール

    右の欄に青のチェックボックスで目立つように確認やチェック項目が表示されているのが分かりますよね。

    誰でもできる作業だからこそ、抜かりなくやっておけば問題ない項目です。ただし、実績がついてきたら定期的にプロフィールを見直し、より受注してもらえるように更新しておくようにしましょう。

    認定ランサーが取り消しになる条件

    認定ランサーは一度なったら安泰ではありません。取り消しになってしまう場合があります。

    認定ランサーが取り消しになる条件は至って簡単で、先にご紹介した基準項目を1つでも落としてしまったら取り消しとなります。

    ただし、ランサーズは非常に親切で、認定ランサーが取り消されそうになる前にメールでお知らせしてくれます。

    実際に一度届いたメールの文章が下記の通りです。

    認定ランサーの取り消し通知メール①

    基準を下回る可能性のある項目を一目で確認できるメールが届くシステムとなっているため、このメールが届いてから挽回すれば認定ランサーを失わずに済む場合があります。

    しかし、残念ながら認定ランサーの基準を満たさなくなってしまった場合は、以下のようなメールが届き、シルバーランクに下がってしまいます。

    認定ランサーの取り消し通知メール②

    無事に認定ランサーをキープできるようにしっかりとお仕事に対して真剣に取り組みましょう。

    認定ランサーになるメリット

    認定ランサーになると得られるメリットとはどんなものがあるのでしょうか。

    ここではランサーズが定めるメリットと、実際に認定ランサーになってみて感じられたメリットの二方向からご紹介いたします。

    ランサーズが定めるメリット

    ランサーズの公式が発表しているメリットは6つあります。

    1. 認定エンブレムの付与
    2. 認定ランサー検索に掲載
      (クライアントがランサーを探すときに認定ランサーで絞る機能がある)
    3. メルマガ等への掲載
      (おすすめランサーを掲載したメルマガがクライアントに届く)
    4. おすすめ案件のご紹介
      (認定ランサー一斉送信と呼ばれるオプションを使っているクライアントの案件を受けやすくなる)
    5. サポート優先対応
    6. チャットサポート

    認定ランサーになって得られるものは3つのアップです。
    3つのアップとは、「信頼度アップ」「注目度アップ」「サポート制度のアップ」です。

    認定エンブレムの付与があるだけで信頼度アップに繋がりますし、クライアントからも見つけてもらいやすい注目度アップの工夫がされます。

    また、困ったときのサポート対応も優先して行っていただけるので、相談も迅速に対応してもらいやすくなります。尚、チャットサポートは今後拡充していく予定となっており、現在は開発途中となります。

    さらに迅速にサポートしていただける可能性が上がるので、今後に期待できる機能ではないかと考えられます。

    【感想】認定ランサーになってみてリアルに感じるメリット

    では、実際に認定ランサーになってみて感じたリアルなメリットをご紹介します。

    認定ランサーになったリアルなメリット
    • 認定ランサー限定の単価の高い案件をメールで教えてもらえる
    • クライアント側から依頼や相談のメールが届きやすくなる
    • (さらに頂いたお仕事の単価は認定ランサーになると上がりやすい)
    • 認定ランサー限定の依頼に対して応募・挑戦できる
    • 提案に当選しやすくなる

    私が肌で感じたメリットだけでも非常にたくさんあり、お仕事がやりやすくなりました。

    認定ランサーの盾を貰っただけで、頂けるお仕事の単価がアップしました!

    公式で発表している3つのアップに報酬アップが追加され、合計4アップだと私は考えています。

    クライアントは認定ランサーの称号があるだけで信頼してくださる印象にあります。

    何故なら数々の条件をクリアし、本人確認も済んでいる信頼できるランサーが認定ランサーである、とランサーズ公式が堂々と紹介し、クライアントもその仕組みを理解しているからです。

    また、いくらシルバーランクで認定ランサー以上の仕事をやっていたとしても、コンペやプロジェクトの提案の段階でシルバーランクと認定ランサーが同じ内容で仕事を提示すれば、安心感のある認定ランサーに軍配が上がりやすいでしょう。

    認定ランサーになってから、提案の当選確率はぐんと上がりました。

    さらに、こちらから営業(提案)をしなくとも、ある程度の受注数と認定ランサーの称号があれば、クライアント側が認定ランサーを検索し、見積もり依頼をメールしてくださる場合があります。

    実際に私は認定ランサーを獲得してから、ほとんど自ら提案をしなくても見積依頼をコンスタントにいただくことが出来ており、現在も売上や取引をどんどんと増やしています。

    初心者でもコツさえ掴めば認定ランサーになれる!

    認定ランサーの仕組みやメリットを詳しくご紹介してまいりましたが、ひとつひとつの条件はそこまで難しくありません。

    まとめると、難しい条件はたった3つだけです。

    ①過去1年間の報酬額がカテゴリの中で上位20%以内
    ②仕事完了率が90%以上
    ③24時間以内のメッセージ返信率が80%以上

    ランサーズのログインやプロフィールの作成は誰でもすぐに出来てしまう上に、評価制度も前述したとおり星5以外つけにくいシステムとなっているので、実質気にする必要があるのはこれだけなのです。

    ランサーズでは初心者でも出来る仕事が非常に多く掲載されていますし、簡単な仕事でもれっきとした実績としてカウントされます。

    カテゴリを定めて達成した後も、キープし続けられるように頑張りましょう!

    塵も積もれば山となる、で必ず成果がついてくる評価制度です!
    是非チャレンジしてみて下さい!

    • 執筆 / 監修したライター
    • ライターの新着記事
    KIHIRO

    現在は、WEBライター事業を中心に展開しながら、起業家の方と一緒にWEBに関する新しい事業を立ち上げています。本業以外の収入源を確保したいサラリーマンに向けて、隙間時間で賢く始められる副業ライフを発信しています。

    1. クライアントのrieさんがLancers未経験から2ヶ月で認定ランサーに昇格されました!

    2. クライアントのMAKIさんがLancers未経験から3ヶ月で認定ランサーに昇格されました!

    3. YouTube脚本家で認定ランサーを目指すには「継続力」を磨け!

    コメント

    この記事へのコメントはありません。

    CAPTCHA


    RELATED

    気になるなら一緒に読んでほしい関連記事

    PAGE TOP

    ゼロから始める
    高単価Webライターオンライン講座

    今すぐ無料で学ぶ