BLOG

ブログ

日本でも昨今は一人一枚は持っている「クレジットカード」ですが、実際普段の生活の中で頻繁に使っている、という人は案外少ないようです。いつの間にか有効期限が切れて失効してしまっていた、なんて経験がある方もいるかもしれませんね。しかし、海外移住が決まったのであれば、クレジットカードは現地の必需品となりますので、日本を発つ前に複数枚作っておくようにしてください。

今回は海外移住におけるクレジットカードの重要性やおすすめのカードをご紹介します。

海外現地では現金よりもクレジットカードの方が安全

アジアや欧米で暮らす場合、クレジットカードは支払いにおける最も安全な手段とみなされています。発展途上国のアジアも2000年代に入ってからは急速にグローバル化が進み、首都圏におけるクレジットカードの普及率はぐんと上がりました。もともと偽札が横行していたりインフレが加速して財布が膨らむ国においては、クレジットカード払いが重宝されているので、アジアの海外移住者は必ず複数枚のカードを保有しておくのが普通となります。

ちなみに90年代までクレジットカードと並んで利用価値が高かったトラベラーズチェックは、現金の紛失や盗難対策として利用されていましたが、現在は本場のアメリカであっても使えるところはほとんどありませんし、お店で支払おうものならば、「これなんですか?」と言われるくらい廃れています。もし昔買ったトラベラーズチェックがまだ残っているならば、早々に換金してしまうといいでしょう。

海外移住先でクレジットカードを使う場面

海外移住先では買い物の多くでクレジットカード払いの場面があります。もちろん現金払いも可能ですが、大金を持ち歩くのは安全ではありませんし、お店によっては高額紙幣に対して十分なお釣りが用意されていなく、会計に手間取ることもしばしばあります。実際海外移住すると、下記のような場面でカード払いが発生します。

  • カフェやレストランの飲食代
  • ホテル宿泊費
  • スーパーでの買い物
  • タクシー代

海外ではカフェで小休止したときのコーヒー一杯ですらカード払いをするから驚きです。その他、パソコンでネット通販をしたり、航空券を手配する場合も原則クレジットカード払いとなります。

VISAとMasterは必須。JCBの利用頻度は少ない

JCBは日本のクレジットカード会社のため、日本人の中にはJCBを愛用しているという人も少なくありません。しかし、海外ではJCBに対応しているお店はほとんどなく、日本人旅行者が多いお土産店くらいです。

また、JCBを利用できるとしても、手数料が他のクレジットカード会社よりも高く取られる場合もありますので、あまり使い勝手がいいとは言えません。基本はVISAとMasterカードの2枚が定番。次いでアメックスですが、こちらもJCB同様アメリカ以外では極端に加盟店が少なくなります。

海外移住者・生活者におすすめのクレジットカードを紹介!

クレジットカードの取得はカード会社のブランドカードを持つか、キャッシュカードに付帯させるかが一般的ですが、昨今はアマゾンや楽天といった通販サイトのポイントカードにクレジットカード機能を付帯させるのが人気ですね。買い物と同時にポイントもつくためお得感があります。

楽天プレミアムカード

楽天のネット通販を利用する人はこちらがおすすめ。日本に一時帰国したときに溜まったポイントを使うことができます。年会費無料のプランもありますが、おすすめはプレミアムカード。年会費1万円とちょっと高いですが、空港のラウンジを使うことができるプライオリティパスを無料で貰うことができます。

対象が自分だけなので単身者はこちらが断然お得(同行者も有料で入場可)。空港の待ち時間を少しでも有意義に過ごしたい、年間何度も外国を行き来する予定という方には素晴らしい価値を提供してくれるため、「プライオリティパスを貰うために楽天カードにした」という人も珍しくありません。

オリコカード ザ ポイント プレミアム ゴールド

日本の大手信販会社が運営するオリコモールにポイント還元されるこちらは、年会費は1980円と格安でゴールドカードを取得することができ、ポイント還元率も1%以上という嬉しい特典。オリコモールにはエアトリ、Expedia、JALといった海外航空券購入サイトやbooking.comやagodaといった海外ホテルサイトも加盟していますので、移住先でも貯まったポイントを利用することができます。

上記の楽天カードはVISAを付けることができ、こちらのオリコカードはMasterを付けることができますので、両方合わせて持っておくのはいかがでしょうか。

デビットカードも持っておくと便利!

「それでもクレジットカードは苦手」、「気がついたら高額な請求がありそうで怖い」という方は、デビットカードを保有するのがおすすめです。デビットカードはクレジットカードと異なり、カード使用後すぐに銀行から引き落とされます。翌日には残高に反映されているので家計の管理もしやすいほか、クレジットカードが使えるお店であれば、デビットカードも使えるので利便性も非常に高いものがあります。

高額な買い物をする場合はポイントも貯めたいのでクレジットカードを利用し、少額の支払いはデビットカードを使うなど、自分の中で使用環境を区別するのがコツです。

クレジットカードを紛失してもすぐに連絡すれば問題解決!

クレジットカードの紛失・盗難・不正利用の被害に遭った場合は、まずはクレジットカード会社に連絡してカードの利用を停止しましょう。万が一カードの不正使用が発覚した場合は、カード会社にその旨を伝えれば支払い義務はなくなりますのでご安心ください。

同時にカードの再発行もできますが、あくまでも日本で受け取らなければならないので、一時帰国する必要があります。そのため複数枚のクレジットカードを用意しておくことを強くおすすめします。

海外移住者の必需品のクレジットカードを作ろう!

自分は現金主義、という方も海外移住を機にクレジットカードデビューをしてみませんか。

余分な現金を持ち歩く必要もなくなり、会計がスマートになります。ただしクレジットカードの有効期限には注意してください。更新された新しいカードは期限が切れる当月に自宅に届けられます。もちろん期限切れカードは使用ができなくなるので、しばらく使っていないと会計時にエラーが出て困る事態にもなりかねません。

是非日ごろから現金とクレジットカードをうまく使い分けるようにしてみてください。




関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。