BLOG

ブログ

昨今は日本も随分とグローバル化が進み、会社の辞令以外でもライフスタイルの見直しのために海外移住をする若者や中高年世代が増えてきました。しかし、「私は英語ができないから」と自分でスキルに制限をかけてあきらめてはいませんか。日本語しかできない場合でも、決してあきらめる必要はありません。

そこで今回は、日本語しかできない人のための海外移住先の仕事事情をご紹介します。

日本語しかできない場合はアジアに移住先を探してみては

ご存知の通り日本のGDPはアメリカと中国に次ぐ世界第3位。世界中が認める先進国であり経済大国です。とりわけ同地域の東アジアや東南アジアに対しては積極的にODAを含む投資がされていて、日系企業のアジア進出も年々増加傾向にあります。

本来ならば会社の公用語は英語が一般的ですが、アジア圏の日系企業においては日本語を社内言語とするところも普通にあります。韓国や中国といった東アジア、ベトナムやタイ、マレーシアにフィリピン、インドネシアといった東南アジア圏では、地場企業の給与が低いため、日本語を学び日系企業への就職を求める若者が多くいます。そのため、日本人が英語や現地語を喋る必要はなく、従業員が日本語を話してくれるので、日本人求職者に対して英語能力を求めない企業が非常に多いです。

また、日本人が日系企業で働くということは、それなりのポストに就くことになるため、通訳兼秘書がつくこともしばしばあり、英語ができない不安を感じることはほとんどないと言えるでしょう。

応募条件に言語スキルなし!どんな業種の求人案件が多い?

海外の求人には必ず応募条件に言語スキルの記載があります。「英語ビジネスレベル」、「英語ビジネスor現地語日常会話」、「従業員と会話できる程度の英語能力」といった記述があり、まずはその中の「不問」を探してください。

英語能力を求めない企業はおおよそ下記条件に当てはまります。

  • 顧客が日系企業のみ(=日本人担当者のみ対応)
  • 従業員が少ない企業
  • 専門性が低い業界

例えばIT企業は専門性が高いと言えます。日本語を喋れるエンジニアはアジアでも少ないため、基本は英語での会話が必要となるでしょう。では、上記条件を鑑みたときに、日本語のみでも就職できる企業はどのような業種が考えられるのでしょうか。

  • メーカー
  • 製造業
  • 代理店
  • 広告・出版
  • 飲食

例えばメーカー勤務の場合は、日本語を喋れる秘書をつけて得意先回りをしたり、日本本社とのパイプ役が主な仕事となるため、予想に反して英語力はそれほど必要とされません。また、代理店は日本人1名に現地人3名+経理のような少数精鋭で経営を回すところが多く、基本は日本語を喋れる従業員のみを雇いますので、日本人に英語を求めることもありません。もちろん営業先は日系企業のみとなります。

日常会話レベルの英語条件であれば、あえてチャレンジしてみるのも

日本人は中学生あるいは小学生から学校で英語の授業を受けています。大学卒業まで最低でも11年は多かれ少なかれ英語に触れているはずですが、それでも「英語は会話もできません」という人が多く見受けれます。

しかし、これは日本人特有の『謙遜』かもしれません。例えば「日常会話の英語力」は、英検では2級もしくは準2級あれば十分です。中学英語でも日常会話であれば十分ですし、文法が出てこなければ単語を並べるだけでも構いません。相手が何を言いたいのかくみ取ってくれるはずです。

ダメ元で英語の面接を受けてみて

せっかく海外に移住するのだから、日本語の世界から離れて英語を使う環境に身を置いてみるのもいいでしょう。英語能力が募集条件にある企業では、面接時に英語面接が実施されます。面接官は日本人あるいは現地人となり、会話の内容は自分のプロフィールや経歴、日常生活の説明といった極めて簡単なやりとりです。

結局日常会話レベルというのはその程度ですし、話す相手にとっても英語は外国語であるため、あまり複雑な文法や単語を使うと、返って相手が理解できなくなってしまいます。「外国人から見ると、日本人の英語力はそれほど低くはない」と自分に言い聞かせて、一度英語面接にチャレンジしてみるのも損はないはずです。

人材紹介会社と良好な関係を築こう

海外移住をして生活が落ち着いてきたら、まずは人材紹介会社にアプローチしてみましょう。海外移住者が多い都市には複数の人材紹介会社がありますが、取り扱っている募集企業はほとんどかぶっているため、2社から多くて3社程度に登録すればいいでしょう。人材紹介会社に登録するとエージェント担当者が就きますので、彼らと直接会って対話をし、自分がどんな業界・職種で働きたいのかを話し合うことになります。

最低給与や福利厚生など、自分の譲れない最低条件は担当者に明確に伝える必要があります。担当者と良好な関係を築くことができれば、応募先企業にしっかりと自分をアプローチしてくれるでしょうし、サイト非公開の穴場の求人を教えてくれることもあるでしょう。

日本語のみでも海外移住はできる!日本の社会を飛び出してみては

海外移住と聞くと、なんだかハードルが高いような気がします。しかし、実際は英語は必ずしも必要ではないことが分かりました。また、会社に働きながら英語や現地語を学習して自己スキルの向上に努めるのもおすすめです。

英語ができるだけで仕事の幅は広がりますし、給与も500~1000ドルほどアップします。「日本社会を飛び出して海外で贅沢な暮らし」に一歩大きく前進することでしょう。自分の生活、人生、将来を見直す機会として、海外移住を検討してみてはいかがでしょうか。




関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。