BLOG

ブログ

社会人になると、どうしても回りの人々の収入や生活の質を気にしてしまいませんか。「あの人は私と同じくらいの年齢なのに、2倍も年収が上」、「私たちは1年に1回国内旅行が精一杯なのに、私の友達は年に何回も海外旅行に行ってる」社会で生きていく限り、無意識に周囲の人と比較してしまうのは自然のことです。

しかしだからといって、自分の収入は突然上がったりはしませんし、うまい具合に転職で成功でもしないかぎり、年収がいまよりも2倍上がるなんてありえません。しかし、日ごろ家計簿をつけているならば、今以上生活を切り詰めて節約するのも難しそう……。

そんな場合は、ちょっと立ち止まって発想を変えてみてはいかがですか。もしかすると、人生の転機はいまやってきているかもしれませんよ。

生活を変えることに恐れている限り、収入が上がることはない

例えば現在働いている会社での年収が400万円だと仮定します。このまま仕事を続け、普通の成果を出し続けていれば、数年後には500万円はいくかもしれない。周りからの評価も高く、ポストに空きがでて部長に昇進したら、600万を超えるかもしれない。そういった予想はその会社で働いていれば絶対にできますし、先輩や上司とも飲みの席で話し合ったりするものですね。

しかし、こう考えることもできます。「この会社で600万円は超えることはできるかもしれないけれど、1000万円は無理だ」と。もし1000万円以上の年収をもらい、1000万円以上の生活を体験したいならば、今の会社を辞めて転職するしかありません。しかし、転職に失敗したことを考えたり、いまの生活が安定していればそれだけ踏ん切りがつかないのも事実。

今の生活を変えない限り、他人を羨みながら生活を続けなければならないという葛藤に苦しむことにも……。

発想の転換。「少ないお金でも生活の質を上げる方法」を模索する

多くの人は、生活の質を上げるためには、収入を増やさなければならないと考えます。
多くの人は、貯金する額を増やすためには、節約をしなければならないと考えます。

しかし、この場合は時間が数年あるいは十年単位でかかる上、上述したような「年収400万円の人が1000万円の生活」を実現することはできません。そこで求められるのが発想の転換です。

例えば「物価の安い国に移住する」というのはどうでしょうか。海外移住というと、なんだか突拍子もないことのように聞こえますが、欧米では国を跨いで引っ越しするのは至極普通のことでありますし、日本人であっても、20代の若いうちから物価の安い東南アジアに移り住んで少ないお金で裕福な暮らしをしている人は、実は非常に多くいます。

東南アジアの移住が少ないお金でも豊かに暮らすことができる理由

現在の年収と生活に不満がある場合、真っ先に思いつくのは転職ですが、2倍、3倍に年収がアップするのは現実的ではありません。それよりも簡単なのが「日本よりも物価の安い東南アジアへの移住」です。生活の質というのは非常に相対的なものとなりますので、日本と比べて3分1~7分1程度の物価の東南アジアに暮らすと、少ないお金で豊かな生活をおくることができます。どのくらい豊かかというと、年収が400万円もあれば下記のような生活を実現することができます。

  • プール付きの高級マンションに住む
  • 毎週数回の外食
  • スーパーではあまり値段を見ないで買い物できる
  • 2~3か月に1度の国内旅行(4~5つ星ホテルに宿泊)
  • 1年に1~2度の海外旅行&日本への帰国
  • 週に数回、お手伝いさんが自宅で掃除や料理をする

少なくとも日本だと年収1000万円以上なければできない生活です。東南アジアの中でもベトナム、カンボジア、ラオス、タイ、インドネシア、マレーシアであれば、このような夢のような生活を実際に叶えることができます。

年収を維持できるかではなく、さらに上げるための工夫

海外移住をする上で問題となるのが、「海外で今の収入を維持できるか否か」ということ。「収入が減ってしまっては海外移住に失敗するのでは」と思うかもしれません。しかし、これも発想の転換が必要です。今の収入の維持の可否を考えるのではなく、さらに上の年収を求めることができれば、人生の失敗を考えることなく、むしろさらに高みへと向かうことができます。

東南アジアで暮らす日本人の多くは本業の傍ら幾つかの副業を持っているものです。現地の会社で働きながら、ノマドワーカーとしてフリーでサイト制作などを請け負う人もいれば、海外移住ブログを立ち上げてアフィリエイト記事やGoogleアドセンスで雑所得を得る人も少なくありません。1つ2つの仕事を失敗して失ったとしても、海外現地在住者は業界によっては非常に重宝されます。

ですので、海外移住は一見リスクがありそうですが、実は最も失敗が少ない方法でもあるのです。

努力は必要ない。必要なのは現状の環境を打破する少しの勇気

少ないお金で豊かな生活を得る方法は、ここで紹介したように誰もが実践することができます。精神的に参ってしまうほどの残業をする必要もありませんし、血のにじむような努力も必要ありません。強いて言うならば、今の生活・状況・環境を変えたいと思う強い意志を持ち、多少の勇気を出すことができるか否かです。

いまが人生に一度の転機かもしれません。もう一度深く自分の生活を見つめなおし、自分がどうありたいのかを考えてみて、将来の自己実現に向けて行動に移してみてはいかがでしょうか。




関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。