スーツを脱ぎ捨て、ありのままに生きる輝きを。

Webライター

会社を今すぐ辞めたい!始めるならWebライターとブログどっちが良いの?

https://kihiro-official.com/wp-content/uploads/2021/12/困った顔-300x300.jpg
会社員

会社を今すぐにでも辞めて、フリーランスになりたい。SNSでWebライターとブログを知ったけど、どっちから始めるのが良いんだろう…。

このような疑問に回答します。

結論として、現在会社員でWebライターとブログのどちらから始めるべきかに悩んでいる人は、Webライターから始めるべきです。

理由は、Webライターはクライアントワークが故に、即金性が高いから。
※できれば、在職中にWebライターである程度稼げるようになってから辞めるのがベストでしょう。

本記事では、両者のどちらから始めようか悩んでいる人に向けて、

  1. ブログよりWebライターから始めることを勧める理由
  2. Webライター / ブログのメリット・デメリット

を解説していきます。

目指すべき目標や取り巻く状況によっても選択が変わってきますので、自分の気持ちを整理しながら読み進めていただくと効果的ですよ。

【結論】Webライターとブログどっち→Webライターから始めるべき

冒頭でお伝えした通り、会社員で、且つ今すぐにでも辞めたいと考えている人は、Webライターから始めるべきと考えます。

理由は、シンプルに会社を辞めても生きていかなければいけないからですね。

Webライターは、執筆した記事を納品すれば報酬をもらえる為、最短で会社を辞めた日から収入を得ることが可能です。

一方で、ブログは野菜を育てるのと同じように、土に種を蒔き、水をあげ、十分に育って初めて実りが得られます。種を蒔いたからと、すぐに実を結ぶビジネスではありません。

故に、以下に当てはまる人は特にWebライターから始めるのが良いでしょう。

・退職金が少なく、すぐにでも生計を立てる必要がある
・働いた分だけしっかりと報酬が欲しい
・いきなりフリーランスになることに不安があり、相談できる環境が欲しい※以下に解説
△十分な失業手当をもらえる人は、ブログから始めるのもありかもしれません。

推奨理由①|お金を貰いながらライティングを学べる

Webライターとブログのどちらを選択するにしても、会社員を辞めた後に意識しなければいけないのは効率性。

手探りで物事を進めていては、ネットビジネスの情報スピードに全くついていけないでしょう。

事実、ここ数年のGoogleは毎年のようにアルゴリズム(※検索順位を決定する指標のようなもの)を変えており、今日学んだ内容が数ヶ月後に通用しなくなることも珍しくありません。

そのような状況下で、本やYouTubeなど巷に溢れている情報をもとに独学で進めていくのは、非常に効率が悪いと言えます。

では、どのようにすれば最短ルートで安定した稼ぎを得られるようになるのか。
それは、「既にその道で活躍している人から、教えてもらうこと」に尽きます。

そして、教えて貰う側がお金を支払わなければいけないものを、「お金をもらいながらライティングを教えてもらえる」という、まさに夢のような環境を実現できるのが、Webライターなのです。

推奨理由②|将来の選択肢の幅が”より”広がる

先に言っておくと、ブログも将来的な選択肢は決して少なくはないでしょう。

ブログのお問い合わせから「広告の掲載オファー」や「ブログの相談」などがあり、人と関わる接点がゼロではない以上、様々な展開へと広げていくことは十分に可能です。

しかしながら、Webライターと比較したときには、Webライターの方が将来の選択肢を”より”多く持てると考えます。

理由は簡単で、Webライターはクライアントワーク、すなわち業界のプロと一緒に仕事をする為に、仕事をしているだけで業界の知識やキャリアアップを学べるからですね。

当然、クライアントを精査する必要はありますが、業界の先人からイロハを学べる点は、ブログにはないWebライターの魅力と言えます。

現役講師が教える!Webライターとブログのメリット・デメリット

ここまで、効率性と将来性の視点から、

「会社員を辞めて、すぐにでも生計を立てたい」
「働いた分だけしっかりと報酬をもらわないと納得できない」

と考える人に向けてWebライターを推奨しましたが、ある程度軌道に乗った後には、しっかりとWebライターとブログの特性を理解して選択する必要があります。

以下、現役Webライター講師 / ブロガーの視点からそれぞれのメリット・デメリットを解説していきます。

Webライターのメリット・デメリット

まず、Webライターのメリット・デメリットは以下の表の通りです。

上図に特徴をザッと上げてみましたが、一番のメリットはやはり「隙間時間で確実に利益が出せる」こと。即金性はブログには絶対にありません。

◆Webライターはフロー型ビジネス、ブログはストック型ビジネス

巷ではこんな言い方もされていますが、Webライターは「労働力と時間を売って報酬を得る」仕組みです。また、クライアントワークである以上、コミュニケーション能力や人間性が必要となるのもWebライターならではでしょう。

一方で最大のデメリットは、時間と稼ぎがある程度比例してしまう点。

フリーランスになったからには、フリーランスの特権を使って青天井に利益を上げたいところですが、上述の通り、Webライターは時間を売って対価を得るビジネルモデルなので限界があります。

月収30〜50万程度[年収500万前後]を稼げれば十分と考える人は問題ありません。
しかしながら、それ以上の野心を持っている人はWebライター一本で活動するのは難しいでしょう。

ブログのメリット・デメリット

一方で、ブログのメリット・デメリットは以下になります。

これまでにお伝えしたとおり、ブログはすぐに稼げるものではありません。ジャンルやマネタイズの仕方、ライティングのレベルなどに大きく左右されますが、半年後に利益が出始めたら良い方です。

反対に、最初の苦労を乗り越えれば、ブログの最大のメリットである「時間に反比例した収入源の確保=自動販売機=資産」を手にできます。

また、ブログ運営に『起業家マインド』が必要であることは、しっかりと理解しておいた方が良いでしょう。
起業家マインドとは、簡単に言えば『起業家が持つべき心構え』。

例えば、

  • まずはやってみる
  • 他責志向を捨てる / 全ての行動や選択に対して責任を持つ
  • 必ずしも働いただけの利益が発生しないことを理解している
  • 嫌なことほど積極的に行動する

このような考えになります。

ブログをするのであれば「必ずしも結果が出ない」と考え、成果が出るまで地道に作業するのが当たり前です。
しかし、起業家マインドを持っていない人はそれが全くできません。

ブログをするのであれば、専門的な知識やスキル云々を習得する前にマインドを固めることを、強くおすすめします。

◆マインド構築に最適な一冊:ゼロリセットマジック

【動画で解説】フリーランス志望ならサラリーマンマインドを捨てるべし

会社員を辞めるなら、生活を立て直す必要があることから、Webライターから始めるべきです。

そして、クライアントワークがある程度軌道に乗り始めたら、徐々にクライアントワークに費やす時間を減らし、ブログのような自分ビジネスに力を入れると良いでしょう。

主な理由は、クライアントワークには、

  • 自分が体調不良で働けない時は収入がゼロ
  • クライアント都合で契約の打ち切りの可能性

のデメリットがあるからです。

故に、結局のところ、Webライターは『ブログとの二刀流』へ行き着く可能性が高いと言えます。

その為、Webライター×フリーランスとして活躍したいのであれば、『サラリーマンマインドから起業家マインドへ』考え方をアップグレードしなければいけません。

  • 執筆 / 監修したライター
  • ライターの新着記事
KIHIRO

現在は、WEBライター事業を中心に展開しながら、起業家の方と一緒にWEBに関する新しい事業を立ち上げています。本業以外の収入源を確保したいサラリーマンに向けて、隙間時間で賢く始められる副業ライフを発信しています。

  1. クライアントの加藤さんが認定ランサーに昇格!パソコンが大の苦手だったのに今や企業のサイト編集者へ!

  2. クライアントのKaedeさんがLancers未経験から実践2ヶ月で認定ランサーに昇格されました!

  3. 知らないとやばい!トレンドブロガーが直すべきライティングの特徴3選!

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


RELATED

気になるなら一緒に読んでほしい関連記事

PAGE TOP

RE:START
- 書くことの原点から、もう一度 -

トレンドブロガーの軌道修正プログラム
今すぐ無料で学ぶ